ブログトップ
every tokyo
everytokyo.exblog.jp
MARTY'S SCHOOL BACKPAK...その2
こう言っちゃあ、アレですが、

やっぱし70年代。やっぱし海外製。解析を重ねるうちに分かってきましたが、

オリジナルは作りが悪い!

縫製、使ってる素材、とてもじゃないけど長年使えるようなクオリティーではない。


だったら、日本の技術を駆使し、”レプリカ”としてのデティールはそのまま生かした上で、

縫製、素材をとことんこだわって再現しよう、と。
b0177537_15454693.jpg
特徴的な”ブタ鼻”が2コ。

今回も、レザー職人の橋本さんにレザー部分を担当してもらい、

デティールはそのままに、かなり良いレザーを使わせてもらいました。
b0177537_15485550.jpg
ココも特徴的。バッグの底部分にもブタ鼻2つ。

この部分も、実物を見て触ってもらえば一目瞭然なんですが、すっごく良いレザーを使用してます。

”色”も、映像とサンプルから解析し、ほぼ近い色に、日本国内で

オリジナルで染めています。
b0177537_15563631.jpg
ショルダー部分の補強に使われているこの部分、

職人さん曰く、オリジナルは廃材を寄せ集めて、練って固めた非常に粗悪なものだったらしい。

ココも、デティールと色だけ残し、無添加で最高級なレザーに代えました。

オリジナルには、NAME, ADDRESS, STATEとか、自分の情報を書けるプリントが入っており、HEAD GOONIEのロゴマークの型押しが入っています。
b0177537_1601369.jpg
ミニポケットサイドに、HUNTERCAMO BAG同様、

HEADGOONIEのBAG専用のオリジナルネームが付きます。
b0177537_161542.jpg
そして内側。ものっすごい事務的な部分ですが、

もっとも”縫製技術の差”を見せれる部分はこの中にあるんです。すごい事務的なとこですが。

縫製後の処理、パイピング部分。何年も、何十年も使っても

絶対にほつれてボロボロになってこないよう、しっかりと補強してあります。

こういう見えない部分の心遣いが、メイドインジャパンの強さなんです。


あたり前ですが

MARTY DENIM JKTとの相性バツグンです。

MARTY CHECK SHIRTSも合わせればこれでホントの完全体。

(夜、寒くなったらダウンベストを着ましょう)

このJKTにこのバッグで、ぜひ学校に、会社に、遅刻して行きましょう。

http://everytokyo.shop34.makeshop.jp/

text (c)オオヤギみき
[PR]
by everytokyo | 2012-02-11 16:08
<< 『バック・トゥ・ザ・フューチャ... MARTY'S SCH... >>