ブログトップ
every tokyo
everytokyo.exblog.jp
HEAD GOONIE WOLFMAN MA-1...
b0177537_21373911.jpg
b0177537_22262639.jpg

b0177537_21380399.jpg
b0177537_22264698.jpg

b0177537_21374924.jpg
b0177537_21375553.jpg
<名称>
WOLFMAN MA-1

<価格>
79920円(税抜74000円)

<サイズ>(縫上寸法 許容2cm程度)
SMALL
着丈62cm 身幅53cm 肩幅44cm 袖丈60cm
MEDIUM
着丈64cm 身幅55cm 肩幅45cm 袖丈61cm
LARGE
着丈66cm 身幅57cm 肩幅46cm 袖丈62cm
X-LARGE
着丈68cm 身幅59cm 肩幅47cm 袖丈63cm

<カラー>
表地:エアフォース・セージグレー
裏地1(フェイクファー):狼男ブラウン
裏地2(総柄):ライトベージュxダークブラウン捺染プリント

<SPEC>
表地:高密度ナイロンヘビーツイル
ナイロン100%

裏地1:狼男フェイクファー
パイル:ポリエステル 100%
グラインド:アクリル 55%
 ポリエステル 45%
裏地2:THE WOLFMANオリジナルファブリック
ポリエステル 100%

中綿 シンサレート
ポリエステル 100%

オリジナル編リブ
 アクリル 63%
 ウール 27%
 ナイロン 8%
 ポリウレタン 2%

引き手革部分 牛革
WALDES社別注オリジナルファスナー

MADE IN JAPAN

<パターン>
1954年に開発されたB-15Dモディファイ・通称ファーストモデルを原型ベースとしたMA-1です。
当時のMA-1(もしくはそれらを忠実に再現した復刻品)は、ウエストレングスで非常に着丈が短く、
身幅・袖幅が極端に広くできていて、マニアの方ならともかく、コーディネートに合わせて日々着用するには
少々難易度の高い形状をしていました。
素材・パーツはオリジナルディテールを残しつつ、着丈を伸ばし、身幅・袖幅・肩幅をシェイプし、
現代のスタイルにも違和感なく融け込むことのできる、スタイルッシュなオリジナルパターンを作成しました。

レザージャケット(2012/BOREDOM)、スタジャン(2014/15th Aniv.STADIUM JKT)も
ベースパターン作成時に参考にしており、身幅・袖幅がシェイプされた上品なシルエットも取り入れつつ、
中綿のふくらみを兼ね備えているため、MA-1特有のボリューム感のある着用感も同在させることに成功しました。

表地ポケットから、若干(約5mmほど)裏側のフェイクファーが飛び出して見えるように、
スレキ(ポケット布)部分のパターンが設定されています。

<表地ナイロン>
表地は、従来のエアフォース・ナイロンよりも光沢が少なく軽量化されたナイロンヘビーツイルを踏襲。
1940年代前後に支流だったエアフォース・ブルーと、その後定番となるセージ・グリーンを混在させ、
グレー色を強めたような、特殊なセージグレー色です。
MA-1のあのテカテカ感は低く、しっとりしたナイロンの素材感と弱めの光沢感が混在した独特の風合いを持つ特殊素材を
採用しました。
洗濯や(長く着用していく中で自然に発生する)日焼けによりさらに光沢が落ち、着用を経年していくことにより、
ヴィンテージMA-1特有の”あの風合い”に育てることができます。
着用とともに経年変化し、所有者独自の味のある風合いに「育つナイロン」をお楽しみください。

<リブ>
既成品ではなく、オリジナルで編み立てたリブを採用しています。
2段構成になっているMA-1特有の袖リブのディテールは残しつつ、ウールの混率を高め、
ナイロンとポリウレタンでゴムの力を補強することにより、壊れにくく非常に耐久性の強いリブに仕上がっています。
長期間着用しても、リブの破れや伸びが出にくい構造になっています。

<パーツ>
ファスナーはすべてWALDES社製の別注品を採用し、ヴィンテージ加工を施しています。
(ファスナーにオーバーダイ・バイオウォッシュなどのヴィンテージ加工をかけているため、最初のうちは鉄の加工臭が
する場合がありますが、着用していくうちにすぐに取れます)

同じくヴィンテージ色のツヤ消しブラックのドットボタンを採用。

引き手部分は日本製のカウレザーを加工して作成したオリジナル引き手を使用。

<裏地1:狼男フェイクファー>
このMA-1のもう一つのテーマである「狼男(THE WOLFMAN)」をイメージした、
レーヨンシール・フェイクファーが前身頃部分裏地に採用されています。
非常に防寒性の強いレーヨンシール素材のフェイクファーで、裏側にパイルのグラインドが付いているため、
真冬でも風を通しにくく、非常に保温性が高い素材です。

<裏地2:WOLFMANオリジナルファブリック>
1941年に製作された映画『狼男』の「あの森で起きた狼男事件」の情景をモチーフに、
イラストレーター・JUN OSON氏にオリジナル・ファブリックパターンを製作してもらいました。
幻想・詩的な映画イメージとPOPな印象を同在させたHEADGOONIE独自の世界観を表現しています。

ベースにはツイル裏地を採用し、京都伏見にある老舗染工場にて、シルクスクリーン技法を用いて
昔ながらの方法で捺染プリントを施しました。職人さんが1刷1刷手作業で印刷していくため、
インクの滲みや版ズレなどが生じる場合があり、それらが機械では出せない手作業ならではの”味”となり
製品に宿り、非常に手間のかかる作業工程を想像させてくれます。

<内容>
中綿には3M社が化学分析に基づいて開発した、世界水準のグローバル防寒素材「シンサレート」を内蔵し、
真冬の寒さにも耐えうる優れた機能性を搭載しています。
(「シンサレートオフィシャルタグ」が内ポケット下に付きます)


<その他>
「狼男」をイメージしたメインヴィジュアル・オリジナルイラストレーションタグが内ポケット下に付きます。
エリ部分にはMILSPEC専用織ネームが付きます。
シンサレート品質・オリジナルWOLFMANカード下げ札付き。



着用モデルは182cm/65kgでMサイズを着用していますが、この体型でMでジャストです。
皆様それぞれの着こなし方にもよるので一概には言えませんが、
インナーにHOODYやSWEATを着用する場合を考えると、
このくらいの身長・体重の場合はLサイズ以上をチョイスすることをお勧めいたします

現在、
恵比寿 EVERYTOKYO(11/8(日)マデ)、にて全サイズご試着可能です。ぜひ店頭で実物をお試しください。

[PR]
by everytokyo | 2015-10-28 21:43
<< Coming Soon... 『BTTフューチャー...』 >>