ブログトップ
every tokyo
everytokyo.exblog.jp
2018年 11月 02日 ( 3 )
BOA FLEECE ANORAK JACKET& INDIGO CORDUROY JACKET...
こちらの2商品も展示していますので、試着してご購入もできます。〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-22-1 目黒ハイツ107 https://every-tokyo.net
b0177537_19144761.jpg
b0177537_19145239.jpg
b0177537_19145696.jpg
b0177537_19150050.jpg

[PR]
by everytokyo | 2018-11-02 19:18
1985TIMETRAVELERS BOMBER JACKET& 1985TIMETRAVELERS DOWN VEST
年末のハリコンにはBTTFのドク、ビフ、ロレインと豪華なメンツが来日するみたいですので、このSETで皆さん是非!! こちらもHoliday中目黒にて試着できます。
b0177537_17224607.jpeg
b0177537_17225033.jpeg
b0177537_17225367.jpeg
b0177537_17225694.jpeg
b0177537_17230091.jpeg
b0177537_17245340.jpeg
b0177537_17244526.jpeg

b0177537_17244909.jpeg

[PR]
by everytokyo | 2018-11-02 17:28
INDIGO LEATHER JACKET "BOREDOM2"...
b0177537_16510564.jpeg
b0177537_16511003.jpeg
b0177537_16511563.jpeg
b0177537_16511808.jpeg
b0177537_16512277.jpeg
b0177537_16512669.jpeg
b0177537_16513011.jpeg
b0177537_16513505.jpeg
<spec>表地:藍染カウレザー、クロム(BK)カウレザー裏地:トイプードルファー(ポリエステル100%)襟部分:マイクロボア(ポリエステル100%)モールスキン(綿100%)Universal社別注ヴィンテージファスナー採用<詳細寸法>S 着丈59cm 肩幅46cm 身幅105cm(半身で52.5cm) 袖丈56cm 袖幅21cm 袖口幅14.8cmM 着丈62cm 肩幅48cm  身幅109cm(半身で54.5cm) 袖丈58cm 袖幅22cm 袖口幅15.8cmL  着丈65cm 肩幅50cm 身幅113cm(半身で56.5cm)袖丈60cm 袖幅23cm 袖口幅16.8cmXL 着丈68cm 肩幅52cm 身幅117cm(半身で58.5cm) 袖丈62cm 袖幅24cm 袖口幅17.8cm<デリバリー>入荷しました。すぐに出荷できます。<詳細情報>「藍」で染め上げたカウレザーを採用した、ブルゾンタイプのレザージャケットです。(革のフシやキズを避け、キレイな部分のみで裁断している非常に贅沢なレザー使いをしています)細身でライダース型だった前作(2012年リリース/BOREDOM PART1)に対し、今作は、HEADGOONIEのウエアや普段着に違和感なくサラリと着用できるブルゾン型を作成しました。アームホール・袖幅・袖口幅をかなり広く設定しています。秋冬時、インナーにHOODYやクルーネック、ニットを着ていたとしても、窮屈に感じることなく、スムーズに袖を通すことができるよう計算しています。着用モデルは、182cm/65kgでXLを着用しています。この身長体系でもXLで十分余裕があり、中にスウェットやニットを着ても、違和感なく快適に着用できています。ライダースというよりは、どちらかというとドリズラーのように少し大きめをザックリとはおることをコンセプトに作っていますので、HEADGOONIEとしては、いつも選んでいるサイズかもしくはワンサイズアップをチョイスし、ザックリとブルゾンのように着ることをオススメしていますが、サイズダウンすれば、ライダースのようにジャストサイズで着用することもできます。袖幅、身幅には十分な余裕をもたせてあるため、サイズチョイスは着丈を基準にすると良いと思います。裏地には、トイプードルを模した毛足が短くて肌触りのとても良いフェイクファーを採用。エリボアには、また別のマイクロリッチファーを採用。取り外しが可能です。ファスナーはすべて、Universal社に別注をかけたヴィンテージファスナーを採用。使い込むほどにとても良い味を醸し出します。「ブルゾン型のレザージャケット」を追求するうちに、1930~1940sのフライトボンバージャケットに辿り着いたため、フロントの大型サイドジップポケット、グローブホルダーなど40sボンバージャケットのディテールを踏襲している部分がありますが、基本的にはHEADGOONIEで開発したフルオリジナルパターンになります。藍染製品ですが、「硫化染め」という、非常に堅牢度(色落ち度)が強い染め方法を使っていますので、色移りや色落ちの心配はありません。レザー製品ですので、お洗濯やお手入れはクリーニング店へご相談ください。革の製作から縫製、ファスナーの製作に及ぶすべての製作工程を日本国内で行ったメイドインジャパン製品です。
[PR]
by everytokyo | 2018-11-02 16:52